*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
定期診察と治験
今日20日は、定期診察日でした。今回も、行き帰りとも介護タクシーで行きました。。。

まず、診察室でいつもの診察。最初に先生と廊下に行って、10m先生に掴まりながら歩行出来るかを確認。一応歩けたんで、治験に参加出来ることに。そのあと診察室に戻って、今回の治験についての説明をざっくりと。。。それによると、新薬ではなくこれまでの薬(まだ認可されてない薬ですけど・・・。)で試すみたいです。前に重度の人で結果が出なかったので、自立歩行が出来る程度の比較的軽度の人に試すそうです。先生のフライングで1ヵ月後に同意書にサインして正式にはじまるそうです。薬は、この病気の方なら耳にしたことがあるキッセイ薬品のKPS-0373です。新薬での治験ではないんで、ちょっとガッカリ・・・。でも、第三相(国に承認されるまで、あと一息の段階。)まで来ているそうです。しかも、今回2回目だそうです。期間は、9ヵ月ぐらい。その薬を飲むかも分からないなんて(プラセボかも知れない・・・)。

続いて、部屋を変えて治験担当から詳しい説明がありました。1ヵ月ごとに通院して経過を診るそうなんですが、その都度体重測定や血液検査・心電図などなどをやるそうです。

それからいつも通り、会計を済ませ薬を貰うのを家族にお願いしました。受付→診察→会計→薬の受け取りなどやる事が沢山あって、病院へ一人で行ったとしても、倍以上時間が掛るなと、今日も改めて思いました。移動だけでも、一苦労です。

今日は行きは寒かったけど何とか雨が降らないでよかったんですが、帰りは寒い上に雨が降っていて最悪でした。という事で、説明に時間がかかったのとこの天気でリハビリは、休みました。。。

あっそうそう、何ちゃって自主トレは、さぼらず続けていますよ。。。ただ、元日以降はダンベルは抜いて。別にマッチョになるためじゃなくて、あくまでも機能を維持するためにやってるんで。あと、リハビリやパソコン・歌教室なども休まず行ってるんですが、カラオケだけは足が遠のいてます。。。

おしまい。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

一区切り
これが、一応最後の更新となります。約3年くだらないこのブログに訪問してくださった多くの皆さん、本当にありがとうございました。心より感謝しています。。。ここまで続けて来られたのも皆さんのおかげだと思っています。

更新はしばらく休みますが、これまで通りに訪問だけはさせてもらおうと思ってます。勿論、おきてがみの方のところへも。忘れられないためにも。ただ、全ての方のところではなく、今後も訪問してくださる方だけですよ。そして、ブログに貼ってあるランキングバナーを1つだけクリックして陰ながら応援しようとも、思ってます。。。微力ですけど・・・。(広告は除きます。)さっそく、明日元旦からでもと。。。

次回更新する時には、今までのつまらない記事は止めて、病気や治験の事・リハビリや自主トレ、リハビリ施設での行事などを書こうと思ってます。なので、何時更新するかは未定ですが、スポンサーサイトが表示されない程度に・・・。

最後になっちゃいましたけど、皆さんよいお年をお迎えください。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

2016年の「まさか」
 「まさか」の語源は、目の前のことを指す「目先(まさき)」だという説がある。現実を表す言葉が、ありそうにない事柄へと意味を転じたとすれば不思議な気がする。さて、「まさかの現実」に見舞われた2016年であった。

最大のまさかは、米国大統領選でのトランプ氏の当選だろう。選ばれた後もまさかを繰り返しており、先日は「米国は核能力を大いに強化・拡大する必要がある」とツイッターで述べた。すでに7千もの核弾頭を持つというのに。

英国は、国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決め、世界を驚かせた。「EUへの巨額の負担金が浮くので医療費に回せる」という離脱派の宣伝が事実に反していたことが後に分かり、後悔する声が出た。デマ情報は米国大統領選でもあった。

「ヒラリーがイスラム国(IS)に武器を売っていた」など少し考えればウソと分かりそうな偽ニュースが出回った。ネット上では「まさか」が「やはり」に変換されてしまうのか。事実や真実が重視されない時代を意味する「ポスト・トゥルース(真実後)」が、オックスフォード英語辞典が選ぶ「今年の単語」になった。

グローバル化に置き去りにされた人びとの怒りが高まった。エリートへの信頼が地に落ちた。米英での激変の背景は、そう語られる。まさかが生まれる理由を放置すれば、まさかは世界でさらに広がるかもしれない。

先が見通せない時代である。来年はむしろ、心が弾むような「まさか」が起きるのを期待したいものだ。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

働き過ぎの日本
 米国の会社に転職した日本人ビジネスマンがいた。社員を猛烈に働かせることで有名な会社で、上司はこう述べた。「明日から週6日、1日に12時間ずつ働いてもらいたい。それでいいかな?」。驚いた日本人は「ちょっと待ってください」と言って、続けた「私ははるばる日本から来たんですよ。それなのにそんなパートタイムの仕事を任せるなんてあんまりです」(早坂隆著『世界の日本人ジョーク集』)。働き過ぎの日本人をからかう話である。もっとも長時間労働が私たちの気質に由来するわけではなさそうだ。

短めに働き休みも多めに取る欧州に転勤したら、どうなるか。そんな調査が山本勲(いさむ)・黒田祥子(さちこ)著『労働時間の経済分析』にある。日本で週60時間働いていた人の多くが10時間近く労働時間を減らしたという。

欧州に長くいるほど、日本人以外の友人が多いほど、休暇を多く取るようになる傾向もあった。朱に交われば赤くなるというわけか。働き方を改めるのは可能だと教えてくれる。

政界や経済界で残業を減らそうという声が大きくなってきた。痛ましい過労自殺があった電通では、違法な長時間労働の責任を取って社長が辞任を決めた。おとといの記者会見では反省を込めて「人の時間は無限ではない」との言葉が出た。

そんな当たり前のことを確認しなくてすむ企業社会を願う。仕事納めを終え、年末年始の休みの方も多かろう。この1年、心のゆとりを削って働いてこなかったか。振り返る時間も持ちたい。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

お正月に欠かせない、お餅
今年も残すところあと2日。年の瀬も押し迫り、大掃除やおせち料理の準備など、新しい年を迎える支度で、多忙をきわめる人も多いことでしょう。ところで、お正月といえば鏡餅やお雑煮など、一年でも最もお餅を食べる機会が増える時期ではないでしょうか。
お餅は古くから神様に捧げる神聖な食べ物でしたが、かつてはお年玉もお餅だったというくらい、お正月とは切っても切れないものでした。そこで、お正月のお餅について。。。
お餅1
お正月にお餅を食べるようになったのは、平安時代のころからだそうです。宮中で行われた「歯固めの儀」という行事でお餅を食べたといわれています。一年の始まりの日にかたい物を食べることで、歯の根をしっかりと固めて健康と長寿を願うことから、大根や押し鮎、鹿の肉なども食べられていたようです。

ここでいう「歯」には「齢(よわい)」という意味もあるそうですが、確かに、まだ歯の生えそろわない赤ちゃんが口にくわえて遊ぶのも「歯固め」といわれますし、また年齢が高くなると、歯の状態が健康にも大きく影響してきます。

お正月用のお餅は、年末について準備します。昔はそれぞれの家庭で用意するのが一般的でしたが、都市部などでは餅つきを代行してくれるサービスもあったそうです。餅つきの道具を一式もって家々をまわり、注文があるとその家の前でお餅をついてくれました。

ところで、年末にはお餅をついてはいけない日があります。12月29日につく餅は「クニチモチ」、または「クンチモチ」といって、「苦に通じる」といわれています。また、大晦日(おおみそか)、31日につくことは「一夜飾り」「一夜餅」といわれて、この2日はお餅をつくものではないと考えられていました。
お餅2
しかし地域によっては「29」を「フク」と読んで、かえって「縁起がいい」といわれることもあるようですが、今年は後半になってから、衛生上の問題から「餅つきを廃止」する……といったニュースが全国を駆けめぐりましたけど、「伝統」か、「「衛生」か……。議論の分かれるところですが、みなさんの周囲ではどのような判断が取られたでしょうか。

大きな鏡餅は年神様にお供えするお餅で、古くは「餅鏡」といわれていたそうです。鏡餅という呼び名の由来については諸説あります。丸い形が昔の鏡に似ているから。とか自分を映して鑑(かんが)みることから、鏡餅となったという説もあります。鏡は古くから、神様が宿る依代(よりしろ)といわれていて、鏡餅はただのお供えという意味だけでなく、鏡餅そのものが年神様のご神体という考え方もあるようです。そのほか、独特の丸い形にも、「人の心」や「心臓の形」、「円満」を意味している、「(二段になった餅が)太陽と月」を表しているなど、さまざまな「いわれ」があります。

神様にお供えする鏡餅を作ってから、人が食べるための餅を作ります。東日本では、のし餅といって、お餅を板状に薄くのばした(のした)ものが一般的です。平らに伸ばしたお餅が、包丁で切りやすいようにある程度固まってから、食べやすい大きさに切りました。一方、西日本では、お餅を食べやすい大きさに丸めた丸餅が多いようです。このほかにも地域によって、餡を入れて丸めたり、雑穀を混ぜたり、大豆や海苔、みそなどを加えるなど、お正月用のお餅にも、それぞれの地域によっていろいろな種類があるみたいです。
お餅3

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

おきてがみ
しばらくは、ぼちぼち更新します。それでも足跡を残してくださった方のところには、遅れてでも必ず伺います
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
にほんブログ村ランキング
FCカウンター
数あるブログの中から、このブログにご訪問いただき、嬉しく思っております。
プロフィール

+tsugachi+

Author:+tsugachi+
しばらくは、スポンサーサイトが表示されない程度に、自分病気の事(困っている事)やリハビリや日々にあった出来事を綴ります。今まで無茶な更新をして来ましたが、今後はたまに・・・。

病院関係
  • 次回診察日【治験中】まで
  • 次回呼吸器経過観察まで
フリーエリア
リンクさせていただいた方のブログです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
リヴリー
ブログを開くのに、重いという声がありましたので、外させていただきました