FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
児童相談所の仕事
 子どもへの虐待事件が起きるたび、児童相談所の対応が問われる。なぜ助けられなかったのかと。しかし、日々の相談所の活動によって多くの子どもたちが危険な状況から逃れていることはあまり注目されない。

朝日新聞デジタルの連載「児相の現場から」を読み、相談所を担う児童福祉司たちの行動力に驚いた。夫婦が取っ組み合いのけんかをするなかで赤ちゃんを保護し、もみくちゃになりながら走り去る。「連れていくな」と父親にすごまれながら。

子どもが危険にさらされると判断すれば、職権で保護し親から引き離すことができる。娘が保育園で保護されたと知り、怒って包丁を持ちだした母親もいる。「疑いがあればまずは保護するべきだ。家に帰して死んでしまったら申し開きができない」という関係者の言葉が重い。

相談所への通報は増える一方である。保育の現場や地域が虐待に注意を払っている面もあるのだろう。悲惨な事件を防ぐ最後の砦(とりで)として、その役割の大きさにもっと目が向けられていい。

作家の柳美里(ゆうみり)さんが息子を罵倒し折檻(せっかん)した経験について「かならず自己嫌悪に陥る」と書いている。親という立場を利用し、逃げられない息子を感情のはけ口にしているのかもしれないと(『ファミリー・シークレット』)。追いつめられた親を支える仕組みも必要だ。

1年間で生まれる子どもの数が今年は初めて100万人を下回るという。一人ひとりをあたたかく抱きしめる。手を差し出せるのは、親に限らない。

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

おきてがみ
しばらくは、ぼちぼち更新します。それでも足跡を残してくださった方のところには、遅れてでも必ず伺います
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
にほんブログ村ランキング
FCカウンター
数あるブログの中から、このブログにご訪問いただき、嬉しく思っております。
プロフィール

+tsugachi+

Author:+tsugachi+
しばらくは、スポンサーサイトが表示されない程度に、自分病気の事(困っている事)やリハビリや日々にあった出来事を綴ります。今まで無茶な更新をして来ましたが、今後はたまに・・・。

病院関係
  • 次回診察日まで
  • 次回呼吸器経過観察まで
フリーエリア
リンクさせていただいた方のブログです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
リヴリー
ブログを開くのに、重いという声がありましたので、外させていただきました