*All archives* |  *Admin*

2018/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
見えぬ五輪の費用負担
 どんぶり勘定の「どんぶり」とは丼鉢ではなく、職人の腹掛(はらが)けの前にある大きなポケットのような物入れである。無造作にお金を出し入れしていたことから、その名がついた。東京五輪・パラリンピックの費用の見通しは典型例だろう。

しかも自分の懐が心許(こころもと)ないからと、となりの人のポケットをのぞきこむ。いまの組織委員会、東京都、国の姿である。おととい示された大会総経費の見積もりは、1兆6千億~1兆8千億円とまだ幅があり、費用の分担はこれから決めるのだという。

ポケットをのぞき込まれそうになって警戒するのは、一部競技の会場となる神奈川県や宮城県などの自治体だ。負担はないと約束していたはずだ、と反発している。ババ抜きのような押し付け合いが続きそうだ。

振り返れば、立候補時の試算は8千億円だった。「コンパクト五輪」にするはずが、費用の膨張に関係者が振り回されている。いまの混乱が分かっていたら、開催の決定にあれほどの歓迎の声が上がったかどうか。

1940年に予定されていた東京五輪が取りやめになったのは、日中戦争に反発する欧米の不参加が予想されたからだ。ただ、競技場の建設に使う鉄が十分に確保できるか、東京市の借金がどこまで許されるかも大きな問題だったと橋本一夫著『幻の東京オリンピック』にある。

「国民、市民に耐乏生活を求めながらの巨大な施設づくりは困難である」。当時の担当者の言葉が色あせていないように思えるのが、何とも悩ましい。

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

おきてがみ
しばらくは、ぼちぼち更新します。それでも足跡を残してくださった方のところには、遅れてでも必ず伺います
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
にほんブログ村ランキング
FCカウンター
数あるブログの中から、このブログにご訪問いただき、嬉しく思っております。
プロフィール

+tsugachi+

Author:+tsugachi+
しばらくは、スポンサーサイトが表示されない程度に、自分病気の事(困っている事)やリハビリや日々にあった出来事を綴ります。今まで無茶な更新をして来ましたが、今後はたまに・・・。

病院関係
  • 次回診察日まで
  • 次回呼吸器経過観察まで
フリーエリア
リンクさせていただいた方のブログです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
リヴリー
ブログを開くのに、重いという声がありましたので、外させていただきました