*All archives* |  *Admin*

2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
親のプライドを傷つけず、運転を控えてもらうには
ここ最近、昔より高齢者による悲惨な自動車事故のニュースをよく耳にする機会が増えましたね。

実の親や義両親がもし自動車で過失事故を起こしたら・・・想像するだけで恐ろしいですね。人身事故で、被害者が命を落としてしまうこともあるかもしれません。年の取った親世代には、なるべく自動車運転を控えたり、気をつけて欲しいものです。ただ、親世代には、言い方によっては聞き流されるか、反発される可能性もあります。

素直にこちらの助言を聞き入れてもらうには、どうすればいいのでしょう。そこで、親世代の心をやんわりと動かす伝え方をご紹介したいと思います。
“高齢者ドライバーの事故”

まずは『承認』する
親世代の心を動かすうえで大切なのが、『承認』。ほめたり、今までの苦労や功績を認めてあげることです。まずはそこから入ります。

「小さい頃から車でいろんなところ連れて行ってくれたよね」とか「学生の頃は遅くなったら車で迎えに来てくれて助かったよ」などなど・・・。このような承認をせず、いきなり「高齢者の運転は危険だから控えて!」と言っても、反発心を生むだけです。年老いて、生きる楽しみが若い頃と比べて減った親世代にこそ、子どもからの承認は必要なように感じます。

親が車を運転してくれることで助かったことって、たくさんあるはずです。まずは今までやってくれたことに関して、心からの感謝を伝えてあげましょう。

接続詞に注意をする
承認の後は、運転を控えたり気をつけたりすることを促しますが、そのとき、接続詞に注意をしましょう。

「小さい頃から車でいろんなところ連れて行ってくれたよね、ありがとう。“でも”、お父さんももう高齢者だし、これからの運転に関しては、いろいろ考えたほうがいいと思うんだけど?」このような「でも」や「だけど」を使った伝え方では、先に伝えた承認が台無しになります。「でも」や「だけど」など逆説の接続詞は、相手の反発心を生みやすいのです。

伝えるなら「小さい頃から車でいろんなところ連れて行ってくれたよね、ありがとう。“ところで”、お父さんももう高齢者だし、これからの運転に関してはいろいろ考えたほうがいいと思うんだけど?」このように、「ところで」や「そういえば」という接続詞なら、先に伝えた承認を台無しにすることがありません。反発心をあまり生むことなく、相手に意見を受け入れてもらいやすくなるというわけです。

『恐怖』と『快楽』の感情を揺さぶる
人が行動を起こす動機は、『恐怖』か『快楽』です。つまり、『このまま車を運転することで起こるデメリット』(=恐怖)と、『車を運転しないことで得られるメリット』(=快楽)を伝え、感情を揺さぶることで、より動いてもらいやすくなります。

具体的には「お父さん、この間、身体の感覚が鈍くなってるって言ってたでしょう。このまま運転し続けると、いつか大きな事故に繋がるかもしれないよ。最悪、孫の顔ももう見れなくなるかも・・・。これからはなるべくバスを使うとか、歩くようにしたら。運動になるし、体力が戻るかもしれないよ。」

恐怖と快楽、どっちも伝えてもいいですし、どちらかひとつでもいいです。高齢で精神的にも弱気になってきている親世代には、なるべく『快楽』の感情を与えて動かしてあげたいですね。

超ガンコ者・天邪鬼の親へはこんな伝え方も効果的
人の言葉には、「いや、それは違う!」とすぐ反発したり、子どもの助言を全否定する親御さんをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そんな超ガンコ者・天邪鬼な親なら、こんな伝え方もおすすめです。

「最近、高齢者の自動車事故が増えてるよね。お父さんはしっかりしてるから、運転するときは気をつけようとか考えなくてもいいからね」これは、心理学で『否定命令』というテクニックです。

このように伝えることで、人の言うことには否定から入るのが“癖”になっている親は、「そんなことはない。自分も年を取ってきたから気をつけないといけない。」となるというわけです。

もともと、「ピンク色の象を想像しないでください」と言われても、想像してしまうのが人間の脳です。否定をしていても、脳には「運転するときは気をつけよう」というイメージはしっかり残ります。

また、「運転をやめたほうがいいよ」「気をつけたほうがいいよ」ではなく、「運転に気をつけたほうがいいかもしれないね」という言い方もおすすめです。「~かもしれないね」という言い方は、押し付けがましくないので、受け入れやすいのです。

年末年始に向けて、義実家や実家に帰省されるファミリーは多いことでしょいう。この時期は、ゆっくり腰をすえて親といろいろ話すチャンスと言えます。

自動車事故の損害保険の交渉人によると、やはり高齢者の自動車事故は年々増えているように感じるそうです。また、年末年始は自動車事故が特に増えるそうですので、高齢になった親だけでなく、私たち子どもも帰省の際は注意したいですね。今日ご紹介したことを参考に、両親や義両親と、今後の自動車運転について話し合うきっかけを持っていただけたら幸いです。

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

おきてがみ
しばらくは、ぼちぼち更新します。それでも足跡を残してくださった方のところには、遅れてでも必ず伺います
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
にほんブログ村ランキング
FCカウンター
数あるブログの中から、このブログにご訪問いただき、嬉しく思っております。
プロフィール

+tsugachi+

Author:+tsugachi+
しばらくは、スポンサーサイトが表示されない程度に、自分病気の事(困っている事)やリハビリや日々にあった出来事を綴ります。今まで無茶な更新をして来ましたが、今後はたまに・・・。

病院関係
  • 次回診察日まで
  • 次回呼吸器経過観察まで
フリーエリア
リンクさせていただいた方のブログです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
リヴリー
ブログを開くのに、重いという声がありましたので、外させていただきました