*All archives* |  *Admin*

2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
アレッポからの避難
 ローマではない。「すべての道はアレッポに通ず」という言葉がシリアの周辺にはあったという。中東現代史が専門の故・黒田美代子さんが書いている。世界最古の都市の一つであるアレッポは、古くから交通の要所であった。

イスラム世界の広がりとともに都市としての重要さを増した。欧州やインドをつなぐ貿易の拠点だった時代もある。黒田さんの著書『商人たちの共和国』にはほの暗くも活気のある市場や、小高い丘にそびえる城の写真が並んでいる。
商人たちの共和国
そんな歴史ある都市はいま、長引く内戦で大きく姿を変えてしまった。反体制派の拠点となったアレッポ東部は、ロシアの支援を受けたアサド政権に爆撃され、廃虚と化した。英BBC放送による空からの映像を見ると、壊れた建物やがれきが広がっている。

病院の廊下にいる人びとが爆撃に見舞われ、煙が充満する映像もあった。爆撃は学校にも及んだと伝わる。いったいどれだけの人が犠牲になったのか。この地域は今月中旬、アサド政権により制圧された。

国際社会は何もしてくれないという現地からの声が、インターネットを通じて世界に発信されていた。国連はようやく、住民を安全に避難させるための監視団を派遣することを決議した。もっと早く手が打てなかったのだろうか。

トルコではおととい、ロシア大使が警察官の男に銃撃されて亡くなった。言うまでもなくテロは絶対に許されない。それでも、容疑者の残した「アレッポを忘れるな」の言葉が重く響く。

スポンサーサイト

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

おきてがみ
しばらくは、ぼちぼち更新します。それでも足跡を残してくださった方のところには、遅れてでも必ず伺います
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
にほんブログ村ランキング
FCカウンター
数あるブログの中から、このブログにご訪問いただき、嬉しく思っております。
プロフィール

+tsugachi+

Author:+tsugachi+
しばらくは、スポンサーサイトが表示されない程度に、自分病気の事(困っている事)やリハビリや日々にあった出来事を綴ります。今まで無茶な更新をして来ましたが、今後はたまに・・・。

病院関係
  • 次回診察日まで
  • 次回呼吸器経過観察まで
フリーエリア
リンクさせていただいた方のブログです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
リヴリー
ブログを開くのに、重いという声がありましたので、外させていただきました