*All archives* |  *Admin*

2015/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
民意の力の見せどころ
戦後70年の夏が過ぎ去ろうとしている。平和と安全保障と憲法、核兵器と原発、歴史認識。多くのことが語られた8月の言葉から。

『敗北を抱きしめて』の著者で米国の歴史家ジョン・ダワーさんは、「反軍事の精神」こそ日本のソフトパワーだと説く。「国民は70年の長きにわたって、平和と民主主義の理念を守り続けてきた。このことこそ、日本人は誇るべきでしょう」

だが、安保関連法案の審議は進む。長崎市の田上富久(たうえとみひさ)市長は平和宣言で指摘した。「70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています」

「原発ゼロ」が終わった。前茨城県東海村長の村上達也さんは川内原発再稼働を批判する。福島の事故を忘れたのか、と。「我々はあの日を境に、以前と別の世界を生きている。そのことをこの国はかみしめるべきだ」

戦後70年の安倍談話の評価は割れた。アメリカ政治外交史が専門の西崎文子(ふみこ)・東大教授は、「安全運転」の結果と読み解く。「過去の首相談話から大きく逸脱しなかったのは、安倍政権の安保政策や歴史認識に不安をいだく『国民世論』を無視できなくなったから」

「違憲」の安保法案に反対する若者の声が高まる。憲法学者の樋口陽一さんは彼らに希望を見る。「一人ひとりが自分の考えで連帯する、まさに現憲法がうたう個人の尊厳のありようです。憲法が身についている、ということです」。民意の力の見せどころが続く。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

足がだるいと感じたら要注意
腰部脊柱管狭窄症

「長時間立っていると足がだるくなり立っているのがつらい」、「歩いていると足が痺れたりだるくなり、しばらく休むと楽になる」などこんな症状のある方は、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきついかんきょうさくしょう)かもしれません。

50歳代が好発年齢ですが、最近では30歳代後半から40歳代にも増えています。腰からお尻にかけての痺れやだるさも要注意です。

■腰部脊柱管狭窄症とは
よく坐骨神経痛と呼ばれるのは、これを指します。腰やお尻に痛みや痺れが出る場合が多く、同時に下肢にも症状が出ます。腰椎の中の神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経を圧迫されたり、神経を栄養する血流などが障害されたりすることで、痛み・しびれ・だるさなどの神経症状が起こります。

その主なタイプとしては3つあります。

(1)神経根障害型
腰部から下肢にむかう神経の根元の部分に起こります。片側が圧迫されていることが多く、左右片側の下肢に症状が出ることが多くみられます。

(2)馬尾神経障害型
背骨の中の脊柱管を通る脊椎神経は、第1腰椎・第2腰椎辺りで馬の尻尾のように複数に分かれます。これを馬尾神経といい、両足に症状が出ます。また排尿障害も起こる場合があります。

(3)混合型
神経根と馬尾神経の両方を圧迫しているタイプです。

ただ、いずれのタイプでも症状はほとんど同じで、しばらく立っていたり歩いたりしていると、足に重みや痺れが強くなり、休むと楽になるという“間欠性跛行(はこう)”です。これは狭窄症特有の症状です。また、少しの段差によるつまづきなども危険サインです。下肢に症状が出始めると、つま先の上下の動作が緩慢になり、つまづきやすくなるのです。

■原因は日常の動作・姿勢
原因は加齢によることが多く、腰から下肢にかけての筋力低下が影響されると考えられますが、最近では好発年齢の低下がみられるようになっており、生活習慣も影響しているようです。

腰を曲げていたり捻っている動作や姿勢が多い、前屈みや座位の姿勢が多い、これらの姿勢はパソコンなどの普及でデスクワークが多い人にみられます。同時に運動不足による筋力低下も招くことから、罹患者の若年化につながっていると考えられています。

■予防と対処法
どんな病気もそうですが、やはり早期に自覚することが大切です。腰・お尻・下肢に症状を感じたら、すぐに受診するようにしましょう。しかし、軽度と判断されるとすぐには手術などの根本治療の対象にならないため、神経ブロックなどの保存療法になります。

「同じ姿勢を長く続けない」「適度な運動で筋力を維持する」「体重等の管理をする」といった予防法は、軽度な場合の対処法になります。また、背中を反らす姿勢は、腰部の圧迫や狭窄を強めてしまうおそれがあるため厳禁です。睡眠時も仰向けに寝ていると腰が反ってしまいます。膝の裏に丸めたタオルなどを挟み膝が軽く曲がるような姿勢にすると、反り方が少なくなります。デスクワーク時も、何度か立ち上がり歩行動作をすることで、座位による腰にかかる負担を解消できます。

さらに、腰から下肢にかけての冷えも症状の悪化につながります。とくに初期の場合は、腰部を積極的に温めることで、症状が抑えられます。夏場はエアコンからの冷えに注意し、冬はカイロなどで温めるのが良いでしょう。入浴によって下半身の血流を改善することも症状を抑えることにつながります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

今回の入院中にいただいたコメントについて
7/28から約1ヵ月入院していた訳ですが、その間ブログの更新をしていないにもかかわらず、私にとっては多くの皆さんからコメントをいただきました。本当に嬉しい限りです。

入院前は、連続更新が断たれてしまうので、ブログを止めることも本気で考えました。ですが、退院してこのブログへのコメントの多さに驚き、続けてみようと思いました。

本来であればお礼のコメントをするべきなんですが、予想以上にコメントがあり、1件ずつコメント返しをするのに時間が掛るので、この場をお借りして御礼申し上げます。本当に有難うございました。でも、一部の方やおきてがみなどからコメントをいただいた方には、退院のお知らせはしたんですが。。。その他の皆さん、ご了承下さい。ですので、入院中にいただいたコメントは、表示しておりません。

昨日からは、コメント返しを再開しております。(私の場合、コメントが少ないもので。)

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

耳栓をつけることのメリット・デメリット
耳栓をつけることのメリット・デメリット

今回の入院では、幸いいびきがうるさくて眠れないということがなく耳栓の出番はなかったんですが、近隣の騒音やペットの鳴き声などで不眠になり、困ったことはないでしょうか。移動中の新幹線や飛行機で、なかなか寝付けない、隣の人のいびきがうるさくて眠れないという人もいるのではないでしょうか。そんな人にとって、耳栓は必須アイテムだと思います。100円から購入できるものから数千円する本格志向のものまで、多種多様の耳栓が店頭に並んでいるそうです。ですけど毎日耳栓を長時間使っても、耳に影響はないのでしょうか。

■耳栓をつけた方が耳にメリットがある場合もある
騒音のある環境で耳栓を使うことは、耳への負担軽減という点では勧めることができます。また、騒音などが気になって不眠となっている場合は、耳栓は有効です。ただし、長時間の使用では外耳炎や外耳道真菌症を起こすこともありますので、耳の痛みや痒み、つまる感じがするならいったん使用を中止しましょう。

耳栓をつけた方が良い場面は、工事現場など極端に大きな機械音がする場所。そして音が気になってイライラしたり、眠れない人にとって、気持ちを落ち着かせるという点で耳栓はメリットになります。ただイヤホンを長時間使うことと同様、外耳炎や外耳道真菌症を起こす危険性があるそうです。耳をふさぐことで蒸れが生じ、耳にカビが生えてしまうこともあるのだとか。

■目的に応じて耳栓を使い分けよう
耳栓には全ての周波数で遮音効果の大きな第1種耳栓と、低音域の遮音効果を小さくして会話は聞こえるようにしてある第2種耳栓があります。

ドラッグストアで私たちが購入している耳栓は、必要な音が聞こえるように設計されている第2種とのことです。完全に音をシャットアウトしてしまうと警報機や火災報知器など、聞きたい情報を逃してしまうおそれがあるためだそうです。

工事現場や工場など常時大きな音がしているようなところでは第1種を、音楽の練習などの時には第2種を使うようにするといいと思います。

工場や工事現場で仕事をしている人の多くは、遮音性の高い第1種を使用しているそうです。これは、大きな音を間近に長時間聞くことになるため、耳栓をしなければ逆に難聴になってしまう恐れがあるからです。

必要に応じて耳栓を使い分け、そして長時間の使用には注意するようにしましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

今回の入院
今回の入院は、私の病気の進行具合を見る為の検査メインの入院だったんですが、検査もMRIや脳血流・頸動脈エコーなどをやりました。

ですが、私の場合は既に病名が確定しているので、そのほとんどはリハビリ(歩行訓練・指先で細かいものを掴む・手首に付ける装具の選択・言語療法など)や病気の研究協力でした。

前回10年程前に別の大学病院で入院した時に検査をやり尽くしていたので、何も無い日が多くて退屈でした。でも、今回の研究協力がいずれ病気の解明になればと思っています。



にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

出所しました
本日午前中に、ようやく出所できました。

予定の2週間の倍以上かかりましたが、、、

今は、疲れているので、このくらいで。。。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ
にほんブログ村       ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

おきてがみ
しばらくは、ぼちぼち更新します。それでも足跡を残してくださった方のところには、遅れてでも必ず伺います
ジオターゲティング

ジオターゲティング
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
にほんブログ村ランキング
FCカウンター
数あるブログの中から、このブログにご訪問いただき、嬉しく思っております。
プロフィール

+tsugachi+

Author:+tsugachi+
しばらくは、スポンサーサイトが表示されない程度に、自分病気の事(困っている事)やリハビリや日々にあった出来事を綴ります。今まで無茶な更新をして来ましたが、今後はたまに・・・。

病院関係
  • 次回診察日まで
  • 次回呼吸器経過観察まで
フリーエリア
リンクさせていただいた方のブログです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
リヴリー
ブログを開くのに、重いという声がありましたので、外させていただきました